ユウセイスポーツアナウンススクール|プロのスポーツアナウンサー養成・講師派遣

スポーツアナウンサー・タレントスキルアップ・アスリートなどの"本物"を目指す方へ!

サブイメージ

HOMEブログページ ≫ 2月20日アナウンススクール内容 ≫

2月20日アナウンススクール内容

今週も受講生ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

2月20日は6名の参加にて行われました。
また先生の知人でもある心理カウンセラーの方が講座の様子を見学に来られました。

この日は久々となるテーマ「大好きマップ」を行いました。
大体年に2,3度はやっていたと思うのですが、初めてのメンバーもちらほら。
二人一組となり、まずは自分の好きな○○の8つのテーマ(例;好きな食べ物・飲み物、好きな映画・本・音楽、好きな趣味・熱中していること、等々…)を、
1テーマ1分ずつ語り合います。

何よりまず自分の"好きなこと"を掘り下げることにより、ポジティブシンキングを定着させます。
感情は言葉の重要な要素の一つです。
自分への良い感情、自己肯定感は、ひいては自信へとつながってゆくかもしれません。
そして自分を掘り下げるという行為、しかも自分の得意なことや好きなことを掘り下げる
これは「自己PR」を考えるうえで大変重要なことなのです。
当時の私もそうでしたが、例えば就職試験。必ず訊かれますね、「あなたの得意なこと」「1分で貴方をアピールしてください」
いざそれだけ漠然と考えてもなかなか出てくるものではありません。元来ネガティブシンキングならなおさら…。
今回の講座は、とかくポジティブに、そしてある程度分野を細かくして、自分を好意的に掘り下げることによって
自分を知り、自分の良い点・長所を改めて知る。そして普段からの良い感情を持つこと。
普段から良い感情を持つ、ポジティブシンキングは本当に言葉に出ます。私はこれが1番大事だと思います。
実は一緒にペアを組んだ方が時折質問に答える際、こんなことが…
「○○が好き」ではなく「○○なことはしない」と表現しました。言っていることはマイナスなことでなかったんですが、
表現一つで、受け取る側はあまりプラスに感じないんですね。
普段から非常に謙虚な彼ですが、謙遜しすぎる、そして切り口がマイナスから入る。
こうして「大好き」をアピールしようとすると、それがなかなか目立ってくるものなのです。
もちろん、そうした表現もあります。意図したものもあるでしょう。
しかし何度も言いますが、本当にいざというとき普段が出るものです。
実況を落ち込むために聴く、ということはまぁそうそうないでしょうからね。
ただ、その彼も本当に大好きなことを発表するときはやはりキラキラしています。
伝えたいことも沢山出てきて、口数も増えます!
本当に好きなことって、こういうものなんでしょうね。
自己PRって元々考えて、苦しんで、ひねり出すものに(少なくとも私は)感じていましたが、それは誤解かもしれません。

ちなみにこのあと、これを踏まえて各々が自らの1分PRをしました。
そして、先生はもちろんゲストのカウンセラーさんに心理的な考察も頂くことができました。
う~ん、合ってますなぁ…と鋭い考察にそれぞれが苦笑したり感心したり…。
いつもと違う振り返りに、また新たな発見もそれぞれあったようです。

この日の(私の)まとめ!
普段からポジティブシンキング⇒放送に出る!聴いている人もいい気分に!
自分を掘り下げることは決して苦しいことじゃない!


三宅 秀一郎
2020年03月05日 15:08

有限会社ユウセイプランニング
ユウセイスポーツアナウンス講座
大阪教室

〒530-0047
大阪市北区西天満5-4-13
ユリスト西天満503
会社概要はこちら
特定商取引法に関する表示

モバイルサイト

有限会社ユウセイプランニングスマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら