ユウセイスポーツアナウンススクール|プロのスポーツアナウンサー養成・講師派遣

スポーツアナウンサー・タレントスキルアップ・アスリートなどの"本物"を目指す方へ!

サブイメージ

HOMEブログページ ≫ 9月12日アナウンススクール内容 ≫

9月12日アナウンススクール内容

081

今週も受講生ブログをご覧くださいましてありがとうございます。
9月12日のアナウンススクールは6人が出席しました。
感覚トークの後にはgood and new(2分のフリートーク)のワークがありました。

 

そのgood and newですが、
自分の発表を聞いてみて「想像以上に淡々と話しているな」と自分で感じました。

 

「リズムが一定だったのか?」
「音の高低も感じられなかったなぁ・・・」
何が足りなかったかを振り返り、感想を話しました。
しかし、問題はそこではありませんでした。

 

話の中で私の心が動いていなかったからです。

 

どんなに構成が上手く理路整然としていても、話す技術が伴っていても、
話している本人に感情がついてこなければ聞く側にも伝わりませんよね。

 

良かった・嬉しかった・楽しかったことを話すgood and newですから、
自分がどの部分で良かったと感じたのか?
心が動いたさまを思い起こし、再現して「心」を伝える!

 

理論と感情のバランスを考える。
自分で申し上げるのも変ですが、教科書のような良い例になりました。

 

そして、個人的な点ではもう1点。
2分と決められれば、その制限時間で話を終わらせること。
実際の現場で、時間をオーバーすることはアナウンサーにとって大きな事故です。
前回、時間を守ることについて話題が出たなか、
先輩アナウンサーはタイムオーバーすることなく、次の週できっちり修正をしました。
「今週は絶対終わらせようと思っていた」という私とは意気込みが違うその先輩を見て、
1週間の過ごし方について足りないところもわかりました。
来週こそは時間内に収めます!


松下 翔

2019年09月18日 00:00

有限会社ユウセイプランニング
ユウセイスポーツアナウンス講座
大阪教室

〒530-0047
大阪市北区西天満5-4-13
ユリスト西天満503
会社概要はこちら
特定商取引法に関する表示

モバイルサイト

有限会社ユウセイプランニングスマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら