ユウセイスポーツアナウンススクール|プロのスポーツアナウンサー養成・講師派遣

スポーツアナウンサー・タレントスキルアップ・アスリートなどの"本物"を目指す方へ!

サブイメージ

HOMEブログページ ≫ 6月13日アナウンススクール内容 ≫

6月13日アナウンススクール内容

今週も受講生ブログをご覧くださいましてありがとうございます。
6月13日のアナウンススクールは男子3名、女子2名が出席。

 

私を含む男子3名は今週も野球実況に勤しみました。
私ともう一人の受講生・Kさんは、先週に引き続き、野球実況のトレーニングです。

 

Kさんは先週、このアナウンススクールで2回目の野球実況に挑みました。
そして3回目の今週、Kさんの実況は先週に比べて明らかに変わっていました。

 

・「投げました」「打ちました」「捕った」を動作に合わせて言おう
・ストライク・ボールの判定、ボールカウントを早く言おう

 

前回「これをできるようになろう」ということが、今回できているのがわかりました。
Kさんの1回目の実況を聞いていた別の先輩も今回の実況を聞いて、
「1回目に聞いた時よりスムーズだよ!」と変化を確認していました。
Kさんはこの1週間、特に「打った」「投げた」と「ストライクかボールか」について集中して練習したと言います。
先週の練習でたくさん出た課題を整理し、基本となる項目を選んで徹底する、
優先順位を上手く使っていますね。

 

優先順位というと、効率化や目標の明確化、ひいてはモチベーションの向上に役立ちます。

 

私の野球実況の練習でこんなことがありました。
(1)ショートライナーを、「セカン…ショートライナー」とセカンドと言いかけました。
(2)センター右へのフライを、「センターへのフライ」と実況しました。
そして終わってから「右中間へのフライが良かったなあ…」と振り返りました。

 

2つの実況は打球の場所を正しく描写できていません。
当初は、(1)と(2)をまとめて「打球の場所への対応を磨きたい」と感じました。

 

ただ、ポジションについて(1)は間違っていますが、(2)は完全に間違い、とまではいえないでしょう。
打球の場所を「正しく言う」と「正しく、詳細に言う」では、修正へのアプローチも違ってくる可能性があります。

 

Kさんの自信を持った取り組みを見て、
優先順位のつけ方は、本当に今やるべき重要なことを洗い出せているのか?と感じました。
優先順位をはっきりして、時に些細なことにこだわらない心も作っていけたらと思います。
その私の変化はまたブログでお伝えします。ご期待下さい!

 

松下 翔

2019年06月18日 15:50

有限会社ユウセイプランニング
ユウセイスポーツアナウンス講座
大阪教室

〒530-0047
大阪市北区西天満5-4-13
ユリスト西天満503
会社概要はこちら
特定商取引法に関する表示

モバイルサイト

有限会社ユウセイプランニングスマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら