ユウセイスポーツアナウンス講座|プロのスポーツアナウンサー養成・講師派遣

スポーツアナウンサー・タレントスキルアップ・アスリートなどの"本物"を目指す方へ!

サブイメージ

HOMEブログページ ≫ 1月19日講座内容 ≫

1月19日講座内容

みなさまご覧いただきありがとうございます。
1月19日の講座を振り返ります。
この日は男性3人での受講でした。
前半は原稿読み(お知らせ原稿)を行いました。
この講座では原稿読みは力を入れて行っています。
なぜなら、原稿読みの先に実況があるからです。
ただ原稿を読むだけでは原稿読みにはなりません。
情報のストーリー性を理解した上でメッセージ性を込めて読むことになります。
アナウンス要素を調整して、聞き手に分かりやすいようにします。

お知らせ原稿ではお知らせで一番伝えたいことは何かを理解することがポイントです。
ここでメリハリをつけて読みます。
文頭といえども、既知の情報を強く読んでしまうと無駄な強調となってしまいます。
「第40回を迎える日本クラブユースサッカー選手権」という文において「第40回」という数字の重みを出すかどうかもアナウンサーの技術です。
また、原稿読みでは文字を追いつつ、考えて読むので、慣れていないと後半になるとスタミナ切れ・集中力が落ちます。
私は後半で変な切れ目を作ってしまいました。
まだまだ原稿読みの練習が足りないことを知らされました。

後半ではフリートークを行いました。
今回のテーマは「食レポ」でした。
コンビニで200円以内のものを買ってきて、それを食レポ風にプレゼンをしました。
前回のインタビューのポイントは「立ち位置」でしたが、今回も「立ち位置」がポイントでした。
「○○を勧める自分は何者か?」、「どの立場でどういうターゲットに売り込むか?」があると進めやすくもあり、説得力も増します。
今回私のプレゼンでは程良い緊張のもとで行うことができました。
できることもあるんだという自信を持って、次回以降に臨んでいきたいと思います。

「スポーツアナウンサーの独り言」by受講生しょう

2017年01月23日 00:00