ユウセイスポーツアナウンス講座|プロのスポーツアナウンサー養成・講師派遣

スポーツアナウンサー・タレントスキルアップ・アスリートなどの"本物"を目指す方へ!

サブイメージ

HOMEブログページ ≫ 「10月20日講座内容」 ≫

「10月20日講座内容」

20161024.jpg

みなさま、こんにちは。

10月20日の講座についてお伝えします。

この日は私を含め2名が参加しました。


先週に引き続き、私の選考試験の対策をしていただきました。
今週は模擬面接も含めてより深く指導していただきました。
まずは、個別の質問の対策です。

ここでのポイントはPREP法に則って、理由の部分をコンパクトにまとめるか。
だらだらと説明するのではなく、自分の言葉でのフレーズがあるとより効果的です。
質問の対策を考えた後は、いざ実戦で模擬面接を行いました。

先輩にも面接官として参加いただき(先輩、ありがとうございました)、扉をあけるところから行いました。


模擬面接ですが、やはり緊張するものです。

面接で受け答えしながら、自分の話し方もチェックしていただきました。
自分自身のポイントは自信をもって喋るところにあったと思います。
例えば予想外の質問が出ることもあります。

そこで動揺して、変な声や体、手の動きとして表してしまうのはマイナスです。
あとは個人が持つ癖もあります。

私は無意識に「は」を受けて質問に答える場面がありました(「○○は何ですか?」→「は、□□です」)。

これは目上の方には失礼なしゃべり方です。

そして講義の最後のフィードバックを話している時、自分の声が普段の発声の時より小さいことに気づきました。

これは模擬面接の時もそうで、自信の無さがそのまま声のボリュームにも出ていたのです。
本番前にこれに気づけたのは大きかったと思います。


いざやってみないと、自分の状態には気づけない、ということがよくわかりました。

「スポーツアナウンサーの独り言」byしょう

2016年10月24日 00:00