ユウセイスポーツアナウンス講座|プロのスポーツアナウンサー養成・講師派遣

スポーツアナウンサー・タレントスキルアップ・アスリートなどの"本物"を目指す方へ!

サブイメージ

HOMEブログページ ≫ 「リスペクトの気持ちを表現する」 ≫

「リスペクトの気持ちを表現する」

20160719.jpg

先週三重県で行われたなでしこリーグのカップ戦にて実況担当をさせていただきました。
伊賀FCくノ一対INAC神戸レオネッサとの一戦でした。

ホームで迎える伊賀は当時は3連敗中。新しいチームへ、まさに変わっていこうとする最中でした。練習も見に行きましたが、暗い雰囲気はなく、選手たちもポジティブに現在の状態を捉えて練習に取り組んでいました。

一方のINACは直近の3試合負けなし。
川澄選手の離脱等もありましたが、チームとしても中島・増矢・京川となでしこジャパンメンバーに選出され、チーム内での競争も活発に行われているようでした。

今期リーグ戦と、カップ戦では伊賀が2勝1敗で勝ち越し。
伊賀としてはINACに勝利をしてチーム上昇のきっかけを掴みたい一戦でした。

結果は2-0でINACが勝利。初選抜の道上のゴールと、直近活躍中の守屋のクロスにキャプテンの高瀬が合せて得点。
伊賀も後半に反撃を見せましたが、試合はINACが勝利を飾りました。

前回のアナウンス講座では、過去実況した試合の様子を見ながらフィードバックをいただきました。
試合前々日に迫った状態で、話すテーマ等を相談した後、実況の中身へと移っていきました。

フィードバックの中で強く感じた部分は「リスペクトをする」という点です。
これは、気持ちで思うだけでなく、思いを当然言葉で表現する必要があります。

「DF2人で蓋をしました」という表現1つとっても、間違いではない。
でも、気になるのは「誰がDFに対応したか?」という点になります。

その時は2人と表現しても、タッチラインを割った後に、対応したのは○○と○○でした。
といった形で表現する意識を持てるかどうか?ということです。

ナイスプレーをしたときに、瞬時に判断できることがもちろん理想ですが、
できなくても後追いでしっかりと誰がどんなプレーをして、その結果どうなったか?
この点をサボることなくしっかりと伝えていくということ。

そして、なでしこリーグも女性のプロサッカープレーヤーがレベルの高い試合を見せてくれています。
パスの受け方、シュート、マークを外す動き。全てのプレー意図があり、それを表現してくれています。
だからこそ、光るプレーをしっかりと理解し、良いプレーに対して心からリスペクトができるかどうか?

そうした気持ちになるためには、普段から選手たちの練習への取り組みや、意欲を相手の立場に立って考えていく必要があることを再確認しました。

もちろんまだまだ意識しなければいけない点は多いですが、
1つ1つ着実に、まずは選手をリスペクトして実況を行う。
この点から再度スタートをしていき、良い結果へと結び付けれるように努力していきます。

先週・今週は高校野球シーズン!
今年は、奈良県、三重県と担当させていただくので、改めて心の中に刻んで実施していきます。


「スポーツアナウンサーの独り言」by能政夕介〜kotokake〜

2016年07月19日 00:00