ユウセイスポーツアナウンス講座|プロのスポーツアナウンサー養成・講師派遣

スポーツアナウンサー・タレントスキルアップ・アスリートなどの"本物"を目指す方へ!

サブイメージ

HOMEブログページ ≫ 「スポーツ実況の醍醐味」 ≫

「スポーツ実況の醍醐味」

20160523.jpg

5月22日のプレナスなでしこリーグ第10節 INAC神戸レオネッサ対伊賀フットボールクラブくノ一の試合を実況中継させていただきました。

リーグ戦は今節から後半戦。前半戦で対戦をしたチームとこれから当たるので、両チームともに自分たちのチームの良さをどれだけ出せるか?そして相手チームの強い点をどれだけ消すことができるか?見る側も視点の変わる一戦だったように思います。

そんな中で伊賀FCくノ一は新監督に野田朱美監督を迎えて臨む一戦。
リーグ後半戦に懸ける意気込みを感じることができました。

今回の実況担当でサッカーは3試合目。

過去の2試合で得た課題を意識しながら自分自身も臨みました。

試合の展開をどういった構成で臨むか?そして、目の前で起こる事実と照らし合わせながら、観ている人にとってどれだけ楽しんでいただけるかを考えながらの実況でした。

前半は膠着状態のまま、お互い様子を見ながらも要所で仕掛けるといった場面が見えました。
INACは中盤でタメを作りながら崩していくという思惑が見えました。

実際に中盤でキープをして時間をつくるもののなかなかスペースに出すことができず、伊賀の粘り強いDFに後一歩が出ずという状況だったように思います。


伊賀は前回対戦時は2本だったシュートを前半だけで5本とオフェンスの意識が大きく変わったところが印象的でした。

また、これまでセットプレーでの失点が多かった分、CK等のセットプレーでのディフェンスの集中力も高かったように思います。

後半に入って大野選手、増矢選手がスペースを有効に使うシーンも見られINACが攻める時間が続きました。後半14分にはなでしこJAPANにも召集された中島選手がミドルシュートを打ち、これがゴール左隅に決まり先制点を奪います。

このままINACペースかと思いましたが、INACは前線にボールを集めるも追加点を取りきれません。

一方の伊賀はCKからチャンスをつくり、最後はキャプテン那須選手のミドルシュートが右隅に決まり同点ゴール!後半31分に同点に追いつきます。

このまま同点で試合終了かと思いましたが、後半93分。

途中交代の園村が右サイドを駆け上がり、中へグラウンダーのパス。
ここに、杉田亜未が走り込みしっかりと押し込み勝ち越しゴールを決めて劇的な逆転勝利となりました。

サッカーというスポーツは点を取り合うゲームです。

だからこそ得点シーンや、得点に絡むゴール前のできごとは醍醐味の1つだと言えます。
今回は終盤に勝ち越しのゴール。

最後の最後まで試合が分からないという視聴者の方にとってはハラハラし手に汗握る展開だったように思います。

試合は1-2で伊賀がほぼ10年近くぶりに勝利を収めました。

こうした逆転試合を担当できたことは大きな経験であると同時に、今回の興奮や感動をより的確によりリアルに視聴者の方に体感していただけるようこれからも取材や日々のトレーニングを行いながら実践していきます。

なでしこリーグも後半戦。これからも女子サッカーの熱い試合に注目をしていきます。


「スポーツアナウンサーの独り言」by能政夕介〜kotokake〜

2016年05月23日 00:00