ユウセイスポーツアナウンススクール|プロのスポーツアナウンサー養成・講師派遣

スポーツアナウンサー・タレントスキルアップ・アスリートなどの"本物"を目指す方へ!

サブイメージ

HOMEブログページ ≫ 10月4日 アナウンススクール内容 ≫

10月4日 アナウンススクール内容



受講生ブログをご覧頂きありがとうございます。

10月4日のアナウンススクールは4名の受講生が出席致しました。今回は三宅きみひとアナウンサーが講師です。

前半は感覚トーク、後半は原稿読み、競馬実況を行いました。

感覚トークは、朝起きてからスクールに来るまでに『見た』『聞いた』『感じた』事を相手に分かりやすい言葉で伝えるトレーニングです。

私は今回、競馬場の話はしない、朝の出来事のみと決めてトークに挑みました。

いつも競馬に絡めた内容になるので喋る内容を限定して、相手に私が朝に何を見て、何を聴いたかを表現しました。

トーク内容を限定した結果、話がまとめやすくなり以前より落ち着いてトークが出来ました。

しかし、喋ることに夢中になると文章が長くなるので次回は文章の長さを意識して取り組みます。

普段の日常会話から文章の長さを意識していきます。

後半の原稿読みは競馬の結果・払戻金と馬体重増減の二種類を使って行いました。

結果・払戻金では
どの競馬場?
何レース?
3着までに何番が来たのか?
各式別の配当はいくらか?


馬体重は
どの競馬場?
何レース?
人気馬の増減は?
増減が大きい馬は?など
強調して読む場所はたくさんあります。


リスナーがメモしやすいスピード、間の取り方を意識して読むことも重要です。

私は重要な言葉を強調して伝えることがまだ出来ていません。ラジオやテレビのアナウンサーはどう伝えているのか、表現しているかを見て研究したいと思います。

最近練習で『上手く出来ないな』とマイナスにイメージをする時がありました。
マイナスに考えていては
いつまで経っても成長しません。

必ず出来ようになるとプラスのイメージを持ちながら
練習をしていきます。

受講生 鈴木誠也
2018年10月09日 20:27

有限会社ユウセイプランニング
ユウセイスポーツアナウンス講座
大阪教室

〒530-0047
大阪市北区西天満5-4-13
ユリスト西天満503
会社概要はこちら
特定商取引法に関する表示

モバイルサイト

有限会社ユウセイプランニングスマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら