ユウセイスポーツアナウンススクール|プロのスポーツアナウンサー養成・講師派遣

スポーツアナウンサー・タレントスキルアップ・アスリートなどの"本物"を目指す方へ!

サブイメージ

HOMEブログページ ≫ 9月6日アナウンススクール内容 ≫

9月6日アナウンススクール内容

アナウンサーを目指すみなさん、こんにちは!
今週も受講生ブログをご覧いただきありがとうございます。

9月6日のアナウンススクールは7人が出席。
先週に続き、スクール内が活気で満ち溢れています。

先週8月30日のテーマはインタビューでしたが、
今週はインタビューワークの後に他己紹介を行いました。
自分が取材した相手を全員の前で紹介するものです。

2分間のトークを撮影し、映像を全員で振り返りました。
ある受講生の他己紹介で、
「人物のセリフ・心境が入っていて良いですね」
という評価がありました。
何が良かったのでしょうか?

他己紹介はインタビューの情報を基に行います。
その情報だけでトークを構成すると、
「情報を羅列しただけ」のトークになる可能性があります。

「情報の羅列」から脱却するには
「内容に膨らみを持たせる」ことです。
インタビューで得たことをそのまま話すのではなく、
自分なりにストーリーで色づけし、自分のトークで伝えるのです。

例えば、トークにリアリティを持たせて、聴衆の想像を後押しする。
リアリティを持たせる3つのポイントは…

感情 具体性 会話

でした。

その受講生は「人物のセリフ・心境」を盛り込むことで、
自分なりのストーリーづけができていたのですね。

共通の土台がしっかりしていれば、応用がきくのですね!

そのほか、映像を見て、自身のトークを反省する際に
「インタビューが上手くできれば…」「技術が伴っていれば…」
という振り返りもありました。
しかし、それは別問題で反省の方向がずれてしまっています。
自分の話した内容を振り返ることが大切です。

正しく振り返ることができれば、あとは基礎を固める。

フリートークの授業だった3月22日分と一緒に復習です!

「スポーツアナウンサーの独り言」by 松下 翔

2018年09月12日 23:09

有限会社ユウセイプランニング
ユウセイスポーツアナウンス講座
大阪教室

〒530-0047
大阪市北区西天満5-4-13
ユリスト西天満503
会社概要はこちら
特定商取引法に関する表示

モバイルサイト

有限会社ユウセイプランニングスマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら