ユウセイスポーツアナウンススクール|プロのスポーツアナウンサー養成・講師派遣

スポーツアナウンサー・タレントスキルアップ・アスリートなどの"本物"を目指す方へ!

サブイメージ

HOMEブログページ ≫ 8月2日アナウンススクール内容 ≫

8月2日アナウンススクール内容

アナウンサーを目指すみなさん、こんにちは!
今週も受講生ブログをご覧いただきありがとうございます。

8月2日のアナウンススクールの様子をお届けします。
この日は6人が出席し、発表も華やかなものとなりました。

今回は「長期的目標」を学び、考えました。
今年3月29日に長期的目標を扱いました。
その時の受講生は私を含めて2人でしたので、この日で普段スクールに通う受講生が長期的目標について知り、考えました。
もちろん一度学んだ私もブラッシュアップで違うところを掘り下げました。
長期的目標とは、
例えば「高校野球実況をする」「その実況で良い実況をする」といった現場・本番の短期的目標よりもはるか先の目標のことでした。
その良い実況の結果、「他者には何がもたらされるのか」「自分は何を達成したいのか」を考えていきます。
この自分を掘り起こす作業を通じて、各自の志向が見えてくるのは、前回のスクールでの結果でした。

そして、「何をもって目標が達成したとするのか?」までも考えておくことが大切です。
目標を設定する上で見落としがちなのですが、「これで達成だ!」という達成の証明も併せて考えます。
さらに気をつけたいのが、人の評価(=外部要因)を証明に使おうとする人が多いのです。
外部要因では「これで達成だ!」という判定が曖昧になってしまいます。
もう一つ大切なのは、「自分が○○したら達成とする!」という形も考えることです。
明確に判定する点で外部要因以外に内部要因にもついて考えておきましょう。

こうして、自分の大きな目標・テーマ・信念を持てば、
目的意識を活かして、骨身を削るのです。
「○○したいな~」ではなくて、「○○する!」が故に目標に向けて行動するのですね。

自身の行動が目標でより強固なものになるように、目標・行動により磨きをかけます。

「スポーツアナウンサーの独り言」by 松下 翔

2018年08月11日 05:52

有限会社ユウセイプランニング
ユウセイスポーツアナウンス講座
大阪教室

〒530-0047
大阪市北区西天満5-4-13
ユリスト西天満503
会社概要はこちら
特定商取引法に関する表示

モバイルサイト

有限会社ユウセイプランニングスマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら