ユウセイスポーツアナウンススクール|プロのスポーツアナウンサー養成・講師派遣

スポーツアナウンサー・タレントスキルアップ・アスリートなどの"本物"を目指す方へ!

サブイメージ

HOMEブログページ ≫ 7月26日 アナウンススクール内容 ≫

7月26日 アナウンススクール内容

講座ブログをご覧頂きありがとうございます。
7月26日の講座は5名が出席しました。

前半は普段どんな練習をしているかを先生に報告をし、課題を克服するには何をしたら良いのかアドバイスを頂きました。


プロの実況者として仕事をするためには日々の努力は欠かせません。
練習をしていくと自分は何を苦手にしているかが分かってきます。

苦手を克服するためには
なぜ噛んだのか?
なぜ言いにくい?のか
分析する事が大事です。
原因が分からないまま放置していても何も変わりません。

分析ができたら次は練習です。私は以前の講座で先生からスポーツ新聞、経済新聞の記事を区切り読みする発声を教えて頂きました。

この練習は『一音を強く出す』ことを心掛けます。
文章を区切って読むことで、ハ行の音が弱い、ガ行が言いにくいなど自身の弱点が分かります。

レコーダーで録音をすると不鮮明な音が無いか確認する事が出来ます。

私はサ行の音、小さい『ツ』が入る言葉の発音が弱いです。不鮮明な音になる言葉もまだ多数あります。

課題を克服するために新聞を使用した区切り読みを続けて弱点を克服していきます。



私は21日に高校野球奈良大会で実況デビューをさせて頂きました。
選手治療による中断が二度ありましたが
約二時間の中継を喋りきりました。

反省点は沢山ありました。
打者が今日は何安打、何打点なのか?
すぐに紹介出来なかった。
リードを許しているチームの三年生投手が8回最後の守りを3人で抑えた事をもっと盛り上げたかった。
高校名のイントネーション間違いなど課題がありました。

しかし、タイムリーを放った打者名、ホームインしたランナー名をすぐ言う事が出来た、交代選手をすぐ紹介出来たなど収穫もありました。
今回の反省を次に繋げられるように頑張ります。

受講生 鈴木誠也
2018年07月31日 11:47

有限会社ユウセイプランニング
ユウセイスポーツアナウンス講座
大阪教室

〒530-0047
大阪市北区西天満5-4-13
ユリスト西天満503
会社概要はこちら
特定商取引法に関する表示

モバイルサイト

有限会社ユウセイプランニングスマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら