ユウセイスポーツアナウンススクール|プロのスポーツアナウンサー養成・講師派遣

スポーツアナウンサー・タレントスキルアップ・アスリートなどの"本物"を目指す方へ!

サブイメージ

HOMEブログページ ≫ 4月5日アナウンススクール内容 ≫

4月5日アナウンススクール内容

139


受講生ブログをご覧いただきありがとうございます。4月5日のアナウンス講座は六名が出席致しました。野球、サッカー班に別れて実況の練習、先週末の試合の反省を行いました。

私は野球班で阪神VS横浜DeNAの中継を使って実況の練習をしました。

実況練習の前には
両チームの事前情報、試合会場の横浜スタジアムの天候、風向きを確認を調べて実況に必要な情報を仕入れます。


私は今回の講座で意識したのは『焦らずに喋る』『映像と言葉のマッチング』の二点です。

昨年の講座で野球実況をした際はプレースピードの早さに対応出来ず、焦りから映像に合った言葉のチョイスが出来ませんでした。

実際の現場では予測出来ないプレーにも焦らず対処しなければなりません。
練習時から本番を想定して取り組みます。

プレイヤーの動きを特に注視して、ゆっくりとハッキリ喋る意識はしていましたが、どこに飛んだか分かりづらい打球の表現が今一つでした。

ショートに飛んだのは
どんな打球?

ボテボテ?
鋭い打球?
ゴロ?フライ?
二遊間?三遊間?

ほんの数秒だけで素早くわかりやすい表現を出すのは非常に難しい事です。
本番に向けて言葉の引き出しを増やして、特殊なプレーに遭遇しても冷静に対処出来るように準備をしていきます。
同時に各地区の秋季大会、春季大会の試合結果をチェックして実況で使える資料の準備をします。


夏の高校野球予選まであと2ヶ月半しかありません。アナウンス講座で学んだ事を意識し、練習をしていきます。

受講生 鈴木誠也

お問い合わせ

2018年04月11日 17:35

有限会社ユウセイプランニング
ユウセイスポーツアナウンス講座
大阪教室

〒530-0047
大阪市北区西天満5-4-13
ユリスト西天満503
会社概要はこちら
特定商取引法に関する表示

モバイルサイト

有限会社ユウセイプランニングスマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら