ユウセイスポーツアナウンススクール|プロのスポーツアナウンサー養成・講師派遣

スポーツアナウンサー・タレントスキルアップ・アスリートなどの"本物"を目指す方へ!

サブイメージ

HOMEブログページ ≫ 3月8日アナウンススクール内容 ≫

3月8日アナウンススクール内容

037

アナウンサーを目指すみなさん、こんにちは!
今週も受講生ブログをご覧いただきありがとうございます。
3月8日の講座は、4人が出席しました。
先週と同じくカメラを使用し、テレビ放送を意識した原稿読みを行いました。
原稿は、週末に出演を控える先輩受講生が準備しているものを用いました。
スポーツ中継のオープニングで、今日の放送の注目どころを紹介するものです。

今回の原稿は前回よりも文章量が増え、1分を想定したものでした。
本番前と本番と2回の撮影を行いましたが、私は2回とも言葉に詰まるところが出てしまいました。
このミスをきっかけに崩れるように、姿勢や表情に影響が出ていました。

何か間違った時、それを立て直そうとすると、不自然な力みが生じてしまいます。
自分のリズムに狂いがでても、それに引きずられない、踏ん切りをつけることができるかどうかなのです。

そのための準備について考えてみましょう。
うまくいく準備を考えることは2週間前の講座のポイントでしたね。
準備である下読みの時間で何を準備するか?

今回私の準備では、「文章」を覚えることを優先していました。
この文章の暗記がうまくいかない原因の一つでした。
原稿読みに限らず、うまく話せない人の傾向にこの「文章を覚える」というものがあるそうです。
ひたすら文章を覚えてしまえばよいので、手っ取り早くはあります。
ただ、本番においてデメリットが大きいのです。

まず、文章通りに話そうとすると、語尾や細かい表現も含まれるので、結構な負担になります。
間違えてしまった時には、文章に頼りきっていた自分の喋りが崩壊してしまうのです。

さらにリスクの大きさとは別に、原稿読みの本質からも考えてみましょう。
原稿読みは「相手に伝える」ことがメインでした。
記憶を再現すべくひたすら自分と格闘している、
というのは、「伝える」という観点からも変ですよね。

最後に、文章で覚えることの弊害に、「情報の色分け」ができないことも挙げられます。
1分の文章にはたくさんの情報があります。
その中には情報のまとまりがあるはずです。
情報を各パートに分けると、パートごとに独立していたり、大本のパートから小パートに枝分かれしていたりすることがわかるはずです。
これが情報の色分けです。
準備で色分けした情報を相手に伝えてこそ、本当の原稿読みです。
文章で覚える準備では、暗記の体制に入ってしまいます。
一文に集中し、覚えれば次の文・覚えれば次の文の繰り返しですから、情報のまとまりを落とし込むことはできません。

それでは、「文章」ではなく何を使うのかというと、
「言葉」で把握するのが有効であると学びました。
完璧でなくてもよく、ぼんやりぐらいにとどめておくのです。
心の面のリスクも、原稿の理解(情報の色分け)にも、「言葉」でイメージしておく。

固執しないというのも今週のポイントでもありますね。
今週もありがとうございました。

「スポーツアナウンサーの独り言」by 松下 翔

お問い合わせhttp://yousay-planning.com/contact.html

2018年03月15日 12:25

有限会社ユウセイプランニング
ユウセイスポーツアナウンス講座
大阪教室

〒530-0047
大阪市北区西天満5-4-13
ユリスト西天満503
会社概要はこちら
特定商取引法に関する表示

モバイルサイト

有限会社ユウセイプランニングスマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら